成功する不動産の買い方
  1. Home
  2. 成功する不動産の買い方
日光ホーム不動産検索はコチラから
心得1 希望条件・優先順位を明確にせよ!!
まずは思いつくまま希望条件を紙に書いていきましょう。「土地の広さ、お家の間取り、方角、道路、駐車
台数、駅から歩いて○分以内通勤○分以内、お子さまの小学校・中学校、月々支払いは△△万円まで、
総額で□□□□万円まで、買い物は...」など自分たちの希望をすべて文字にします。次に、この中で
重要なものを5つだけピックアップしてください。ここで選んだ5つの希望をベースにして、物件の情報を
収集していきます。

心得2 情報収集は効率的にせよ!!
「今住んでいる地域から離れたくない」、「子どもの学校区が最優先」というお客さまに関しましては、徒歩や
自転車で散策できる範囲に物件がありますので、足を使った情報収集も良いでしょう。販売中の物件には
不動産会社の看板などが近くに設置されていますので、電話をかけるか、不動産会社のホームページを
検索して、物件の情報を収集しましょう。ただ、「そんな時間はもったいない」という方や、「○○駅~□□駅
までならOK」や「予算内で△△区内なら大丈夫」と明確にエリアを絞っていないお客様にはインターネットを
利用した情報収集をオススメします。「スーモ」や「ホームズ」などポータルサイトで物件を検索し、気になる
物件があれば不動産会社のホームページにアクセスするのが効率的に情報収集するコツです。
また、チラシで情報を集める場合でも、ホームページ上でのみ公開している物件もありますので、気になる
物件の不動産会社のホームページは、一度ご覧になられるほうが良いでしょう。

心得3 情報収集は短期集中に徹せよ!!
アプローチは違っても情報収集に共通して言えるのは、「短期集中型で行うことが鉄則」ということです。
その期間としては、「3ヶ月」が具体的な目安になります。情報収集に1年、2年と時間をかけてしまうと、
「物件を探す」作業自体が大きな苦痛となってしまいます。
また気になる物件があっても、「もっと良い物件が後から出てくるだろう」と思って問い合わせをせずに
更に情報収集を続けた結果、良い物件は現れず、気になっていた物件も売れてしまった。というのは
よくあるケースです。「これだ」と思った物件はスピーディーに情報収集を行って、不動産会社に連絡
することがマイホーム購入成功の大きなカギを握ります。

心得4 不動産会社を見極めよ!!
ご購入される物件とともに不動産会社とのお付き合いは末長く続いていきます。ご購入後も税金や住宅
ローン、リフォームなどの相談に迅速、丁寧に答える「コンサルタント」の役割を果たすのがご購入先の
不動産会社です。ですから、「不動産会社選び」は、物件選びと同様に重要なポイントです。「気になる
物件の担当者や不動産会社は本当に信頼できるのか」を見極める必要があります。
「時間や約束にルーズ」・「物件のことをきちんと説明してくれない」・「質問しても答えが返ってこない」
という担当者や会社であれば、いくら物件を気に入っていても、購入されないほうが後々のトラブルに
巻きこまれないで済むでしょう。

心得5 見学した物件をランキングせよ!!
収集した情報の中から気に入った物件は、すぐに不動産会社に問い合わせて、見学させてもらいましょう。実際に見学した物件が、
「心得1」で選んだ5つの希望をどれだけ満たしているか「5段階」で評価していきます。(満足なら「5」、不満なら「1」という感じです。)
この評価を見学したすべての物件に対して行い、総合得点の高いものから順位をつけていきます。この方法なら、あなたにとって
どの物件が一番ふさわしいかがひと目でわかります。「立地はいいけど部屋が少し狭いかも」や「建物はいいけど駅から遠いかな」
など、なかなか物件を決めることができないお客さまにはオススメの方法です。 例としてサンプルを用意しましたので、ぜひ一度
お試しください。(同点の場合は最優先の希望条件評価が高いものを1位とします。)
希望条件チェックリスト
希望条件チェックリストPDFダウンロードはコチラ
心得6 気に入った物件は、他の人も気に入っている!!
あなたが買いたい物件は、他の方にとっても買いたい物件だと言えます。私どものお取引の中でも、
わずか1時間の差で申し込みが別の方から入ってしまい、希望の物件を購入できなかったお客様が
いらっしゃいました。これは「急いで買わないとダメ!」と言っているのではありません。現地見学の時に
ご自身の希望が整理されていて、物件について不満な点がないのならば、購入する意思表示をして
おいたほうが良いということです。その場で申し込みを入れなくても「買いたいと思っている」と担当者に
伝えておけば、他のお客様が申し込みを検討している場合は、その連絡がきっとあなたの担当者より
入ってくるでしょう。意思表示をせずに検討を続けている間に、別の方に買われてしまって「後悔先に
立たず」、ということは未然に防ぐことが肝心です。

心得7 決心したら、迷いは禁物!!
申し込みを入れると決心したならば、もう迷ってはいけません。「もっと待ったほうが良い物件がでてくるかも...」と思ってしまう気持ちも
よくわかります。ですが、目の前に気に入った物件が買えるチャンスをみすみす逃してもよいのでしょうか。確かに1年後、検討中の物件
と同じ条件で価格が安い物件が現れる可能性は否定できません。しかし、その1年間で住宅ローン金利が上昇しないとは言えません。
今のお住まいが賃貸マンションでガレージも借りていらっしゃるのであれば、家賃費用を余分に1年多くお支払いする必要がありますし、
住宅ローン控除などの各種税制軽減措置も現在のところ、年々縮小される傾向にあります。単純に物件価格だけでなく住宅に関連する
支払総額を比較すれば、「じっくりと待つことが良い物件を購入することにつながる」と断言することができなくなるのではないでしょうか。
せっかく気に入った物件があるのならば、出てくるかどうかわからない物件を待つよりも、迷わずに買うことを私たちはオススメします。
お借り入れ金額3,000万円で金利が0.5%上がれば、支払総額は350万円もアップします!!
心得8 3ヶ月を過ぎても希望物件が無いなら、希望条件の見直しをせよ!!
物件情報収集期間の目安である3ヶ月を過ぎても希望にマッチする物件が現れない場合は、希望と現実に大きなギャップがあると
考えられます。前提となる希望条件が厳しすぎたり、現実に出てくることはあり得ない物件を探しているのかもしれません。
例えば、「希望する土地の坪数を5坪減らす」、「駅徒歩10分圏内を15分圏内までエリアを広げる」、「月々支払を1万円アップする」と
いった希望条件の見直しが必要です。どれかひとつ条件を緩和すれば、今まで無かった物件が現れることもあります。情報収集が
苦痛となってお家探し自体をあきらめてしまう前に、条件を変更して情報収集の再スタートを切ることが大切です。
効率的に物件情報を集めるフローチャート
物件検索はコチラをクリック!!
無料メンバー登録
お問い合わせはコチラ!!
私たちが全力でサポートいたします!
あなたの住宅ローンアドバイザー
これでもう安心!日光ホームが成功する不動産の買い方を伝授!
お客様の「売りたい」を日光ホームがお手伝い
ご予約・ご相談 お問い合わせ
0120-888-588
宅地建物取引業者免許 大阪府知事(3)50267
556-0023 大阪市浪速区稲荷2丁目3
私たちが全力でサポートいたします!
不動産でお悩みであればお気軽に!
皆様のご連絡をお待ちしております。
WEBからのお問い合わせ 皆様のご連絡をお待ちしております。
日光メンバーは特典満載!とくとく倶楽部 会員様だけにとっておきの物件をご紹介いたします 無料メンバー登録 会員限定物件がご覧になれます。
お得な物件掲載 会員限定ページはコチラから
日光ホームのココがスゴイぞ6つのポイント
日光ホームのお客様の声
あなたの住宅ローンアドバイザー
これでもう安心!日光ホームが成功する不動産の買い方を伝授!
お客様の「売りたい」を日光ホームがお手伝い
住まいのメンテナンスガイド
よくある質問Q&A
不動産に関するよくある質問に
当社スタッフが丁寧に解説!
オープンハウス情報
モデルハウスとして
見学できる物件をご紹介
採用情報
悩むくらいなら相談してみる!!
売込み営業は一切ありませんのでお気軽にご相談下さい!
WEBからのお問い合わせはコチラ
0120-888-588
※受付時間:午前9時~午後9
(年中無休・年末年始除く)

このページのトップへ